立春【Hirahara】

早いもので、つい先日新年を迎えたと思ったら1月が終わり、2月となりました。

立春が過ぎたとはいえ、寒さが一年で最も厳しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、昨年12月から我が家の小学三年生になる長女が、ミニバスケットボールを始めました。

きっかけは、小学校で毎年行われる体力テストで、

一番低い評価だったことに焦りを感じたためです。

生まれつき体が弱く、日焼けも避けなければならないので、

スポーツらしいスポーツをさせていませんでした。

これではいけない!何か運動をさせよう!と思っていたところ、

主人の職場の先輩がミニバスケのコーチをやっていると知り、

体験に行ってみました。

初日から丸一日の練習に参加した長女。

かなりハードな内容だったので、

「やりたくない」と言い出すと思いきや、

「楽しい!」

「(ミニバスケを)続けたい!」

それにはさすがにびっくりしました。

最初はその場でボールを弾ませることもできなかった長女ですが、

今では歩きながらのドリブルができるようになりました。

しかも、左右の手を入れ替えながらのドリブルです。

とても頑張り屋さんなので、夢中になって練習していたのでしょうね。

そんな中、まだルールも全く分からない状態で、

小さい子だけの練習試合に出させてもらいました。

本人も、応援している私達もハラハラドキドキしている中、

なんと!シュートが決まりました。

その瞬間は涙が出るほど嬉しいものでした。

お姉さん達の練習試合についていってもあまりやることがなく、

ボール拾いの合間に一人黙々と隅の方でボールを触る姿があり、

その努力が実ったのだと思います。

最近は、サンタさんからもらったバスケットボールで自主練習をするようになりました。

0209-1

夢中になれる事やモノがあるというのは素晴らしいですね。

親もチーム内でのルールや当番、遠征の時の車出しなど、

面倒なことが多々ありますが、

本人が「やめたい」と言い出すまではバックアップしていきたいと思います。

それにしても・・・。

真冬の体育館は冷え冷えとして、とても寒いですね。

外の方が日差しがあり、暖かいほどです。

子供達は体を動かすとはいえ、真冬でも寒々しいユニフォーム姿でした。

DSC_1220

寒さ対策万全な応援陣との驚くほどのギャップに思わず笑ってしまいます。

さて、今週の予定は・・・。

このところ土曜は練習、日曜に練習試合や大会になることが多く、

家事が疎かになってしまいますが、

長女の活躍ぶりをしっかり見守っていきたいと思います。