図書館で読書 【Sajima】

年が明けて、気が付いたらもう2月の半ばを過ぎましたね。

時々雪が舞い、寒さが身にしみるこの頃です。

それでも、心なしか以前よりも日が長くなったと感じます。

今まで退社後は暗い夜道の中帰宅していましたが、最近は夕日を見る機会が増えつつあります。

 

時は少し遡り、ひと月ほど前の仕事の帰り道、ふと、西の地平線近くにぽっかりと浮かぶ三日月を見かけました。

よく見てみると、その三日月はほんのうっすらとですが、満月のような丸く淡い光を放っていました。

最初は目の錯覚かな?と思いましたが、次の日に見た月も、やはり丸く淡い光を放っていました。

不思議だなと思いつつ、その時はやり過ごしていましたが、最近息子と一緒に図書館に行く機会があり、児童書コーナーで月に関する本を見つけました。

興味本位で読んでみると、三日月が淡く光る現象の事が書かれていました。

地球照(ちきゅうしょう)という現象で、太陽の光が地球に反射して、更にその光が月に反射したことによって、月が淡く光って見えるようです。

主に、空気の澄んだ冬に見えることが多いそうで、淡く光る月の謎が解けました。

また、児童書とはいえ、月に関する様々なことが写真付きで詳しく書かれていて、最初は息子と一緒に読み聞かせるように読んでいましたが、いつの間にか自分のほうが本の世界に浸っていました。

 

そんなこともあり、時々ではありますが、図書館に行く機会が増えました。

思い返せば、子供の頃は図書館でよく本を読んでいました。

本を読んでは、自分が物語の主人公と一緒に冒険をしているような気持ちになり、よく空想の世界に浸って遊んでいました。

ふと、幼いころに読んだ絵本を見つけて、そんな懐かしい気持ちがよみがえってきました。

その本を手に取り、わが子に読み聞かせていると、なんだかくすぐったい気持ちになります。

まるで、子供の頃によく遊んだ友達と再会して、息子を紹介しているような・・・不思議な感覚です。

読書を楽しみつつ、息子には、たくさん本を読んで想像の翼を広げられる子になってほしい、そう願うこの頃です。