萌芽【Hirahara】

日に日に暖かさを感じ、桜の便りが徐々に聞かれる今日この頃となりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

3月といえば、卒園、卒業のシーズンですね。

先日、我が家の次女も無事卒園式を迎えることができました。

兄弟の中で一番負けん気が強く、頑張り屋で、

周りへの気配りができる次女。

「しっかり者」として、先生方や他の親達からも信頼されていました。

順調すぎるほどの成長ぶりには、こちらも安心していましたが、

実は、周りに埋もれてしまわないための、

自己アピールでもあったようです。

常にアンテナを張り、困っている人がいれば一番に駆けつける、

正義感の強さもある次女。

こちらの期待もつい大きくなってしまうのですが、

本当は気持ちの面が少々弱く、

保育園での行事が近くなると「お腹が痛い・・・」と言い出すことがあり、

この2、3年で、意外に繊細な子であると気づきました。

そんな次女も、4月からいよいよ一年生。

勉強も始まり、保育園とは違う生活がスタートします。

新しいお友達もできるとトラブルも増え、

女の子特有の壁にぶつかると思いますが、

持ち前の負けん気と明るさで乗り切ってほしいですね。

※文章を書きながら、生まれた時から今までの事を思い出し、思わず涙ぐんでしまいました。

0327

さて、卒園、卒業というと、謝恩会がつきものです。

今回、卒園準備係(謝恩会役員)という役を担当しました。

謝恩会の準備や、卒園式で読まれる謝辞の準備、子供達へのプレゼント決めなど、

保護者代表として10名前後で活動しました。

皆さんお仕事をされているのにもかかわらず、フットワークがよく、

連携もしっかりできていてあっという間にいろいろなことが決まり、

当日も滞りなく謝恩会を終えることができました。

連絡はLINEで取り合い、

数年前に同じく謝恩会役員を引き受けた時とは随分違った活動となりました。

これも時代の流れなのでしょうね・・・。

入学式まで約1週間となりました。

ランドセルも届き、学用品も揃い始め、徐々に通学への期待が高まってきております。

これから先の成長はどんなことになるのでしょうか。

親としての責任を果たすべく、子供達と一緒に日々学び、

成長していきたいと思います。